【小田原市】新型コロナウイルス感染症対策で神奈川県が新たな取り組み。公式LINEアカウント開設やふるさと納税寄付受付を開始。

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症対策として新たな取り組みを発表しました。

202035()より、県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」を開設しました。

LINEを使ってAIが一人ひとりの体調や状況にあわせた情報提供、チャットボットによるお問合せ対応、最新情報の提供を行います。

お住いの郵便番号を入力すると、感染の地域別分析ができ、個人個人に合わせてLINEから個別サポートのメッセージが届きます。

※神奈川県LINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」

また、新型コロナウイルス感染症対策を目的としたふるさと納税制度を活用したクラウドファンディング「新型コロナウイルスの感染症対策プロジェクト~全国を先導して新型コロナウイルスと闘う神奈川を応援しよう!~」を2020年3月9日(月)から開始しました。

□■ 神奈川県のプロジェクト概要 ■□

◆プロジェクト名: 新型コロナウイルスの感染症対策プロジェクト~全国を先導して新型コロナウイルスと闘う神奈川を応援しよう!~

◆プロジェクトオーナー:神奈川県

◆サイト運営会社: 株式会社トラストバンク

◆募集額: 1千万円

◆寄付金の使い道:新型コロナウイルス感染症対策に向けて、 最先端テクノロジーを活用した施策推進に活用させて頂きます。

新型コロナウイルスを検出する迅速検出法の改良や、 関係機関と連携した実証研究等での活用を検討中

◆期間:202039日~2020331日(23日間)

 (注)募集期間は、 延長の場合がございます。

PR TIMESより

神奈川県発のアビガン、迅速検出法に次ぐLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」が開始されました。

LINEで相談・回答ができるのは画期的ですね。

神奈川新型コロナパーソナルサポート

※写真はイメージです。

(しおから)

2020/03/11 07:30 2020/03/11 07:30
しおから
ジモネタ小田原市
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら